So-net無料ブログ作成

小原酒造 [酒]

喜多方駅から 歩いて20分ほどで着くと思います

PB250861.JPG

創業は享保2年(1717年)

うわっ! 300年超 Σ(・ω・ノ)ノ!

立派な蔵造りの酒蔵です
PB250862.JPG

店頭の暖簾には「酒蔵くらしっく」?

なんと クラシックを聴かせて造る 日本初の蔵なんだとか

会津大仏様から歩き続けたせいか

かなり疲れ始めて 店内写真を撮る元気が無くなりながらも

毎度の2本

純米酒 桃色にごり酒 紅寒梅
P2051372.JPG

天然酵母を使ったという 奇麗な桃色の日本酒

ちょっと酸味を感じる香り

吞み口もかなり酸味が強く 白ワインを思わせる

見た目と違い キリッとした辛口

ん! 熟していない 酸っぱめの苺の風味?

アルコール度数は 8.2度と低め

特別純米酒 蔵粋(くらしっく)
P2061377.JPG

モーツァルトを聴かせて育てたそうで

控えめながら ふっくらとした優しい香り

吞み口あっさり

すっきりとした旨辛口

[93蔵]

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

夢心酒造 [酒]

喜多方駅からは 歩くと30分ほどかかるかと

PB250858.JPG

創業は明治30年(1897年) 若い酒蔵です
PB250857.JPG

さて

ここも売っている気配が全く無く 吉の川と同じパターンか (・_・;)

と一瞬思いましたが ちょっと奥に事務所らしき場所が見え

恐る恐るそこへ入り 消え入る声で

「すいませ~ん ここで買えますか?」

「はい でも実物は無いので カタログから選ぶ事になります」

ほっ! 一安心 (^。^;)

「でも 主力商品の奈良萬は 酒店のみの販売になってしまいます」

いいんです 蔵で買えれば (*'-')b

選んでいる間に お茶まで出して頂きました (*_ _)


感謝感謝の2本 (^o^)丿

純米無ろ過生原酒 中垂れ 夢心
P1241362.JPG

蓋を開けると ふっくらと優しい香り

酸味と甘味がマッチした ちょっと辛めな吞み口

微かな発泡を舌に感じます


純米吟醸 夢心
P1261368.JPG

すっきりとした香り

柔らかな舌触りで すっと入る喉越し

あっさり呑める逸品

[92蔵]

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

吉の川酒造店 [酒]

喜多方駅から 歩いても20分かからないかと?

吉の川酒造店
PB250856.JPG

この付近は喜多方らしい蔵が多く 観光の中心となる場所です

創業は明治3年(1870年)らしいのですが

江戸時代に分家して創業したとか

さて 実は

蔵を訪れて はて? 売っている気配がまったく無く

そして 人を寄せ付けない雰囲気

(実際調べたら 蔵元では販売していない?みたいです)

気が小さい私は敷地に入るのを躊躇い 購入したのは郡山駅のS-PAL郡山

てな訳で寂しい限りですが ブログで初めての1本だけ ( ;∀;)

吉の川 純米酒
P1091315.JPG

地元の喜多方市内で98%を売るという 本当の地酒は

すっきりとした香り

そして

柔らかい呑み口で ふくよかな舌触りです


[91蔵]

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

峰の雪酒造場 [酒]

喜多方駅から歩いても 30分ほど?かと思います

PB250854.JPG

住宅街の中に ぽつねんと佇んでおり

販売している店には看板も無かったので 一度通り過ぎてしまいました (・・∂) ¿
PB250853.JPG

創業は昭和17年(1947年)と若い蔵ですが

元々は本家(今は廃業)から分家して 酒造りを始めたそうです

日本酒以外に 蜂蜜を水で薄めて酵母で発酵させた

はちみつ酒ミードも醸造しているとか
PB250852.JPG

(もしかしたら 一番上に置いてある瓶がミードかもしれません)

今ごろ喜多方は 峰々に雪が積もっているんだろうな?

なんて思いながら2本

純米生原酒 大和屋善内
PC231218.JPG

しぼりたて新酒で 微かに濁りがあります ヽ(^◇^*)/

すっきりとした香りで 若干酸味が強めの辛口

純米吟醸 大和屋善内 夢の香
PC255226.JPG

なんとも優しい ふんわり甘い香り

そして これまたなんとも優しい舌触り

ふっくらとした まろやかな旨口です

[90蔵]

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

ほまれ酒造 「福島県 喜多方市」 [酒]

車で行くのが無難ですが

歩いても? 喜多方駅から50分ほどで着くと思います(汗”

工場の様な 大きな建物で驚く (@_@;)

PB250840.JPG

建物入口には 雲嶺庵と表記されています

創業は大正7年(1918年)の若い蔵で

酒蔵を譲り受けたのが始まりだとか(元は米問屋で味噌・麹の製造業)

入って駐車場を進むと入口
PB250841.JPG
PB250849.JPG

初めはギャラリー風になっております
PB250846.JPG
PB250847.JPG

庭園があったり
PB250843.JPG

奥には座敷もありまして
PB250845.JPG

見学するだけでも楽しい蔵です

お酒もたくさん陳列されています (~.~)/
PB250842 - コピー.JPG   PB250844 - コピー.JPG

前置きが長い割には毎度の2本 (^-^;

原酒にごり酒 四段仕込
PC111188.JPG


香りは普通の日本酒 濁りですので吞み口はトンロリ

ちょっと甘めですが呑み易く 日本酒初心者?向け かな!

一回瓶火入れ 純米吟醸原酒 雲嶺庵
PC131211.JPG

蓋を開けると フワッと香る甘い美味しそうな香り

香りから さぞかし甘いのかと思いきや

すぅっと喉を通る すっきりとした吞み口

何杯でもいけそうな 呑み過ぎ注意な危ない旨口です

[89蔵]

ちなみに
PB250848.JPG

フリーアナウンサー 唐橋ユミの実家です

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

笹政宗酒造 「福島県 喜多方市」 [酒]

蔵の町の表玄関 喜多方駅より車で10分ほど 歩いても1時間超?

会津大仏様の程近くにある渋い酒蔵

PB250836.JPG

創業は文政元年(1818年)
PB250837.JPG

昭和52年より純米酒に取り組み
PB250839.JPG

昭和54年(1979年)の東京サミットでは
PB250838.JPG

当時のアメリカ大統領カーターが ここの純米吟醸を愛飲したとか

で 会津大仏様を思い出して毎度の2本 (^-^;

特別純米 ささまさむね
PC011178.JPG

すっきりめの香り

少し甘めながらも優しい舌触りで とても呑みやすい一品

蔵社長お勧めの 純米吟醸ささまさむね
PC021179.JPG

フワッ!と香る甘い吟醸香

仄かな甘味を感じながらも、サラッとした呑みやすい旨口

ここの酒は 若干甘めですので少し冷やして

そして

辛めの料理に合わせると良いかと思います

それにしても 応対して頂いた社長さん

良い人そうなのですが早口で とてもせっかち(笑”

チト可愛い社長さんでした (*´∀`)

え! どうして社長さんって分かったのか?って ???

You Tubeに出ていました (^_^)/

あれ! You Tubeでは ゆっくり喋って!る?

[88蔵]

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

福光屋 「石川県 金沢市」 [酒]

創業は寛永二年(1625年)

金沢で一番古い酒蔵で 2001年度より全ての酒を純米にしたという

P6045659.JPG

当たり前の話ですが
P6045661.JPG

戦前まで日本酒は 純米のみの歴史を歩んできています

それでは

約4ヵ月前の 懐かしい金沢を思い出して毎度の2本 (^_^)/

極寒純米 加賀鳶
P9175007.JPG

厳冬の時期に仕込んだそうで ちょっと懐かしい剣菱風の香り

吞み口は何ともあっさり 呑み飽きない辛旨口

純米吟醸 加賀鳶
P9215009.JPG

すっきりとした香りで 柔らかい甘みと仄かな酸味の吞み口

ちょっとしっかり味な旨口

[87蔵]


ちなみに加賀鳶とは?

加賀藩江戸屋敷お抱えの大名火消し

面たくましく力あくまで強く 火消しの技と喧嘩早さは天下一品

賑々しくも勇ましく 粋な集団として八百八町の人気を一身にさらっていました

とさ (^。^)

よっ! 福光屋 (´・Д・)」

てやんでい (`ー´ゞ-☆

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

長瀞蔵 藤﨑摠兵衛商店 「埼玉県 長瀞町」 [酒]

秩父鉄道の長瀞駅から歩いても10分弱

宝登山に向かう途中にあります

P5295461.JPG

創業は享保13年(1728年)

近江商人の藤﨑宗兵衛光重が埼玉県の寄居町に創業

2014年に酒造りを休止しましたが 他の酒蔵からの支援を受け

2018年に長瀞の地に移転し 酒造りを復活したそうです

店舗では酒だけで無く
P5295462.JPG

埼玉の工芸品や食品も買う事が出来ます
P5295463.JPG

2階へ上がると そこはギャラリー
P5295466.JPG

昔使われていたものが展示されています
P5295468.JPG

試飲する事も出来ます(1階のレジ横にもあります)
P5295467.JPG

展示品を眺めながら 試飲するのも楽しそうです (・□・)ノ

奥にある仕込み蔵も
P5295469.JPG

見学する事が出来ますので
P5295465.JPG

興味がある人は
P5295464.JPG

お見逃し無く (@^^)/~~~

あ! 前置きが長くなってしまいましたが

宝登山神社の オッパイを吸うオジサンの彫刻を思い出しながら2本 (^o^)丿

純米 長瀞
P8214953.JPG

何ともしっかりとした酒の香り

ちょっと酸味が強い 辛口な吞み口

純米吟醸 長瀞
P8226146.JPG

ちょっと酸味を感じるものの ふっくらとした香り

吞み口は

仄かな甘味と微かな酸味を感じる 一昔前の日本酒って感じでしょうか

どちらも埼玉県産の酒米 さけ武蔵を全量使用です

[86蔵]

ちなみに オッパイを吸うオジサンの彫刻は

これでしたね
P5295481.JPG

(;^◇^;)ゝ

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

横関酒造 「埼玉県 美里町」 [酒]

JR八高線の用土駅 又は 松久駅から歩けば30分?ほど ??

美しい里という町にある

P5285399.JPG

埼玉県で一番小さい酒蔵と云われる
P5285400.JPG

創業は明治13年(1880年)の まだ若い酒蔵です

長閑な埼玉県の田舎町を思い出して 毎度の2本 (^o^)丿

天仁 特別純米酒 無濾過生々
P7305940.JPG

ちょっと酸味を感じる香り

吞み口も若干酸味を感じるものの すっきり柔らかめ

天仁 純米大吟醸原酒 あらばしり
P8014916.JPG

とっても柔らかい吟醸香 呑む前から美味しそう (^ム^)

アルコール度数17度ということで ちょっと重ためな呑み口ですが

甘辛酸の三拍子揃った濃厚旨口

なんにしても 呑み過ぎに注意したいと思います ( ̄◇ ̄;)

[85蔵]

 
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

滝澤酒造 「埼玉県 深谷市」 [酒]

JR深谷駅から 歩いて10分ちょい?くらいだと思います

P5085182.JPG

元々は 埼玉県の小川町で文久3年(1863年)に創業
P5085184.JPG

その後 交通の便の良さと水の利を求め 今の地に蔵を構えたそうです
P5085183.JPG

ちなみに荒川水系の伏流水は 発酵に有利な硬水なんだそう

それでは 荒川に敬意を表して毎度の2本 (^_^)/

純米酒 菊泉
P7084851.JPG

ちょっと酸味が強めの香り

吞み口は力強く 甘辛酸の調和がとれた一品

純米吟醸 青淵郷(せいえんきょう)
P7114878.JPG

ん! けっこう「くん!」と鼻孔を擽る ほの甘い香り

とても柔らかい甘さを感じる なんとも美味しいふくよかな旨口

ちなみに青淵郷とは 渋沢栄一の雅号なんだそう

[84蔵]

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog